レンディングできる仮想通貨

この記事は2017年10月終わりに投稿した記事です。現在のレンディング銘柄の状況とは異なりますのでご注意を。 詐欺レンディングコインのイメージ レンディングできるSCAM通貨のご紹介。ビットコネクトを代表に軒並み高値をつけていた(過去形)レンディング対応のCOINを紹介していきます。 レンディングは毎月自動で通貨が増えていくシステムです。このシステムが導入されたコインは非常に人気ですが、その一方でSCAMと言われいつまでも続かないと 考えられているシステムです。詐欺と言われる所以は「高い利回り」と「運営者の正体がわからない」これにつきます。 しかしながら「高い利回り」をうたってはいますが、保障しているとは大体書いてません。「運営者がわからない」ってのはビットコインを代表に他の仮想通貨の多くは 運営者が不明なまま発行されています。と少し説明すればそうかもなって...思う方もいるかもしれませんが、「モノは言いよう」。 良く言えば良く見えるし、悪く言えば悪く見える。ご自分で判断して参加する、しないは決めてくださいね。 永遠に増え続けることなどありえないと思いますが、現状ではDavorCoin(2/8にレンディング取りやめで180ドルから大暴落)などは価値が上がり続けています。 最近ではこの2017/10月にICOを終えたばかりのHextracoinがたったの一週間で16倍もの値をつけて上がってきています。 リスクは覚悟の上に参加するのも今現在では面白いと私は考えています。但しどれもリスクは高いと思いますから、原資は早めに抜いてから遊ぶ!これにつきます。 再度いいますが、このようなSCAM案件はリスクを承知で参加して、早めに原資を抜いてください!

もう一度復習!どうして詐欺か?

貴方は知らない人から「毎月に45%の利息を払うから金貸して!」「1年後に返すから!」「友達紹介してくれたら紹介料もあげるよ!」って言われてお金出しますか? 私なら出しません(笑)。

「大丈夫!たくさんの人からお金集めて儲かるでっかいビジネスで利息は払えるよ!」ってことなら最初からビジネスプランを提示してお金集めるほうが、利息払う必要もないし ビジネスが成功しそうですよね。

しかしながら仮想通貨という別の仮面をつけると出す人が多くいます。最終的には必ず破綻するシステムということを理解した上で投資するかしないかを 決めてください。これらのレンディング通貨はどう考えてもSCAM案件です!。 時間があるときに「肯定的な立場からの記事」もそのうち書いてみる予定。

それでもやりたい人へ!レンディングしないって選択も有り

例えばICOで1枚1ドルの価値の通貨を100枚の通貨を持っているとして、そのレートでレンディングを開始すると当然100ドルのレンディングプログラムとして開始されます。 それから一週間で1枚10ドルまで暴騰しても。100ドルをレンディングしている状況です。結果的に一週間待っていたら1000ドルのレンディングで開始できており日々の利息も当然高く。 また投資金の拘束日数も短くて済みますからリスクが当然減ります。値が上がると予想される通貨の場合はどのタイミングで売るか!レンディングするか、 一部を売って原資を回収してから遊ぶかなど各自よく考えて!。

注意喚起

レンディング銘柄はハイリスクでハイリターンのものもあれば、中にはハイリスクなだけのものも含まれると感じています。 中には登録のリターンメールにて平気でパスワードまで記述しているものまであります。 メールは他人から傍受される可能性も高く、メールでパスワードが送られるだけで大変リスキーです。
今の時代はサイトの運営側にもパスワードがわからない仕様で設計されるのが普通です。登録時に非可逆の暗号化が掛けられ暗号化された文字列しか運営も見ることが出来ません。 メールアドレスも可逆的な暗号化をしておくくらいのサイト運営者の意識がないと危ないですね。

只の個人情報集めの場合もありうる

メールアドレス、Username、パスワード。これらを取られると他のレンディングサイトにアクセスして、ID,PASSなどが同じならそのままアクセスが可能です。 2段階認証を入れてなければ、それで全て取られてしまします。

パスワードの使いまわしは絶対厳禁!

理想はメルアドも複数使い分ける。2段階認証は必ず入れる。これらを忘れずに楽しくSCAMと付き合う工夫が必要です。

レンディング銘柄で勝つには

このありえないほどの利益を生み出すシステムがいつまでも無事に稼動するとはとても思えないので原資をとにかく儲けたら抜く!また一つの銘柄に集中して突っ込むのも 大変危険です。かならず複数の銘柄に分散しておきましょう。 原資は抜いてから遊ぶが大事だと思います。可能であればICO、プレICOで安く大量に購入し取引開始で数倍になったら原資分売却して残りをレンディングにまわす、もしくはステークで増やすのが 初期にリスクを回避する方法。あとは欲かいて複利でさらに増やすのも良し、利益分を毎回引き出すのもそれぞれの戦略次第。

レンディングは1万$以上で「最高の利率」と「投資分の回収できる時期が一番早い」設定になっている銘柄が多いので取引開始から10倍以上にまずなると想定して 1000枚買えれば回収後のギャンブルも楽しそう。これはICO時に1枚1$程度の場合の想定です。
まあレンディングに一切まわさずに取引開始後に高値で全額売り抜けることでも、かなり利益が得らる場合がありそうです...いずれにせよ原資は早めに抜きましょう! 他の何の機能もないICOで上場後に値上がりするより効率が良い場合が....。利益ががっちり出たら真っ当な銘柄の保有比率を増やして最終的にBTC、ETHなどの枚数が増えると良いかも。 まあBTCでさえ大部分の人から見たら騙されるんじゃないかと怯える対象でもある。
最後に「原資は速攻で抜く!」「複数銘柄に分散する!」「多少の銘柄に詐欺られても平常心!」 これらが実践できれば楽しくSCAM通貨で遊べますよ^^。

レンディング通貨の「レンディング」についての記事を書いてみたので初心者は読んでみて:)

今さら聞けないレンディングの解説(入門者向け)

レンディングできる通貨一覧

最近はICO割れが多く新しい銘柄を探すのも中止しましたTT。
Bitconnectも終了したし...Davorにも停止命令...ICO価格割れ多数...出金出来ない銘柄も増加...LoopXは逃亡TT。 ビットコネクトの終了からBTCの暴落も相まって一気にレンディング銘柄は完全に冬の時代^^;暴落時の底買いとリバで売り抜けくらいしか打つ手が無いTT。 今からの参加は当然オススメ出来ません。
資産の60%をSCAM通貨が占めるのを どう上手く分散するかが当面の私の課題TT。EtherBanking以外は可能な限り撤収の方向かな.... EtherBankingも身分証の登録が完了して出金できたという情報がないと怖い状況ですね。

ビットコネクトの値動きを注視

ビットコネクトがいつまで続くのかわかりませんが、いつか終わりが来ると思います。終わりましたね^^; まあ運営が上手ければ終わりがこないってことも確率的に0では無いと思いますが.... ビットコネクトが終わった時は、「やっぱり詐欺か!」ってことで「その他のレンディング銘柄も軒並み終わる」ことも考えられます。 いつでも逃げれる準備をしましょう!それではハイリスクで楽しいSCAM仮想通貨ライフを!

仮想通貨:新着記事

私が使っている
仮想通貨取引所・販売所

現在私が実際に登録して使っている取引所・販売所をご紹介します。 買いたい銘柄がすぐに買えるよう様々な取引所に登録しておくと便利ですよ^^。